高品質の理由 パート3

ARIIXメンバーの皆様、こんにちは!

品質保証ディレクターのジェフリー・スミスです。第3回目は化学テストについてです。繊細なハイテク機器を使用するテストご説明します。ARIIXが契約している研究所では、さまざまな機器やテクノロジーを使用し専門的なテストを実施しているのがご理解いただけます。

【 化学テスト 】

一般的な化学テストは湿式化学分析と呼ばれ、溶液を使用し製品をテストする方法です。テストの種類はpH値(酸性度を調べる)、薄層クロマトグラフィーによる物質の反応状況の確認、ビタミンCなどの成分量を測定、乾燥させた時の水分量の測定、カプセルが胃で分解するまでにかかる時間の測定などがあります。

薄層クロマトグラフィーによる検証結果。
%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc

 

 

 

 
 
 
最近では化学分析をするテスト機器も進化し、材料をテスト、分析する能力を大幅に拡大しています。 私たちの研究所(原料メーカーと専門的な依頼をする契約した研究所)にはさまざまな機器があります。

〇赤外線(IR)分光器

赤外線の波長ごとの強度を測定し、分析、研究する機器です。

〇分光光度計

物質にさまざまな波長の光を照射、その吸収の特性などを測定できる機器です。サンプル中のビタミンの質を確認できます。

〇高性能液体クロマトグラフィー(HPLC)

液体中に溶解しているサンプル内の化合物を分離し、目的の化合物の量を測定し仕様を確認するための、非常に繊細な機器です。数量は百万分の一の範囲で測定することができます。

〇ガスクロマトグラフィー(GC-MS)

質量分析計です。HPLCに似ていますが液体の代わりにガスを使用します。この機器も非常に繊細です。 HPLCより100万倍以上の感度で測定できるのが特徴です。サンプルに農薬やその他、望ましくない化学物質がないことを確認する場合に使用します。

〇質量分析法(ICP-MS)

サンプル内の鉱物や金属を測定します。 GC-MSと同様、好感度です。鉱物の量の確認や純度、例えば、重金属を含有していないことの確認を測定するのに適しています。

ICP質量分析法(ICP-MS)を実施する機器。
icp-ms

 

 

 

 
 
 
高性能液体クロマトグラフィーを実施する機器。
%e6%b6%b2%e4%bd%93%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc

 

 

 

 

 

 

 
 

製品が製造され、完成するまでには成分について最低でも2回のテストがあります。最終的に出荷されるまでには、各工程で少なくても3~4回のテストが実施されます。このテストを実施し、合格したものが、製品としてみなさんのお手元に届きます。

私たちはARIIX ゴールドスタンダードをとても誇りに思っています。 ARIIX製品は全てこのARIIXゴールドスタンダードで定められた基準および手順に基づき製品化されています。ARIIXゴールドスタンダードは製品への卓越した追及と、完璧を目指す基準と言えます。