宮里 みどり

midori-miyazato

アンリーシュアワードは『常に他の人々を助け、地元コミュニティーの奉仕を行っている、人に良い模範を示す方』に贈られるアワードです。
このような素晴らしいリーダーシップの方をARIIXは探していました。これら全てを満たす方を探し出すことはとても難しいことです。私たちは宮里みどりさんこそが、アンリーシュアワードを受賞するにふさわしい素晴らしいリーダーであり、今年度、この素晴らしいアワードを受賞されたことに敬意を表します。みどりさんは熱心にARIIXビジネスに取り組み、現在、沖縄の地でシニアオフィサーとして活躍されています。
彼女のストーリーを語る中で、彼女の母親としての責任こそが、人々に大きな影響を与えています。

みどりさんは母親として3人のお子さんをお一人で立派に育て上げ、そして子供たちの良き模範であり続けています。そして現在はARIIXビジネスの中で他の人の模範となっています。
彼女のARIIXオポチュニティーへの情熱が、娘である宮里美利亜さんのシニアオフィサー達成、息子である宮里一史さんのCEO達成に大きな影響を与えました。
ARIIXビジネスが『ファミリービジネス』であることを証明して下さいました。

midori-miyazato-group-ngu1biog0ii95bd4b31rjendngs50av7klzws1oyi4

みどりさんは常に『自分の周りにいる人たち、自身のチームメンバー、そして、自身の家族のために何ができるのか?』という『周りの人の幸せ』を最優先に考えています。
ご自身が18歳のときから現在も、地元沖縄の児童養護施設へ子供服や生活に必要な物を継続的に寄付し、自らも、看護士と保育士の資格を取得しました。『子供たちとより接することができるように、そして未来のある子供たちの力を信じている』みどりさんの自然な行動によるものでした。
このような素晴らしい慈愛の精神に溢れる宮里みどりさんが、ARIIXに携わって下さっていることを心から嬉しく思います。『沖縄は私のホームであり、より良い所となるように関わること。そして、その努力を惜しまないこと。』と語るみどりさん。
これからも常に自身を高め、成長し、他の人へさらに奉仕を続ける宮里みどりさんに2017 のアンリーシュアワードを贈ることができることを誇りに思います。